淑徳大学

By tokyo-welfare-school-list.net

社会福祉学科

淑徳大学の中にある福祉関係の学科というと、社会福祉学科があります・
地域社会で暮らす一人一人のライフスタイルや、暮らしの課題にあった一番適切な福祉を考え、その実現を目指して積極的に動ける人物を育成します。
福祉、保健、医療などというビジネス分野では、福祉や対人サービスの形を追求し、その力を養うために必要な質や能力を総合的に育てます。

1年次より学外実習がありますので、豊富な実習の中で、社会福祉の実践的知識と技術を育てます。
社会福祉士、精神保健福祉士というような、対人サービスに携わる仕事のスペシャリストを目指し、教育プログラムで支援します。
実際には、社会福祉プログラムや精神保健プログラムなどというプログラムがあります。

・授業の内容

社会福祉の授業としては、生活と社会福祉の課題、社会福祉の意味、法律、社会保障制度などということを学びます。
社会保険制度や支援方法などという、社会福祉のサポートとしての制度なども学んで、知識を得ていきます。

基本的な社会福祉の考え方を確認し、支援の対象となる人や事柄について、具体的に学びます。
援を必要とする課題があることによって、弱さや格差を生み出すと言うことも学びます。
授業の中では、感想や意見、質問などを相互交換できる場を時々設けています。

社会福祉の中では福祉マインドという言葉がよく使われ、それは社会の中でどのように必要とされており、表現されているのかということも学びます。
企業の担当者、実務に詳しい研究者などの方から、実際にことを学びます。
このような授業を通じて、将来の職業選択への考え方や、目標を明確にしていきます。

3つの方針

・社会の構成員としての基本的知識
社会生活で必要となる技術や態度について身につけるとともに、文化や社会に関する知識も理解を深めます。
社会福祉学に関する価値や倫理を理解し、そこから福祉マインドを持ち、実践の場で活躍する技能や知識を身につけます。

・教育方法
基礎教育科目では社会人として基本となる知識や態度を、専門教育科目では、実践や講義を組み早生手、資格取得に向けて学び、課外講座などを活用します。
資格取得やキャリア形成などの目標にそった具体的な人物像を描き、それに対応した履修モデルを設定しています。
主体的に学生が学ぶために、フィールドワークや授業外の学修などを取り入れています。

・学生像
基礎的な知識を要し、課題を解くことが出来る人材を育て、社会福祉に関する分野に強い興味を持ち、実践の場で活かす意欲を育てます。
社会福祉の専門職の取得に向けて、高い良くと努力が出来るようにサポートします。
自分の考えを表現できるコミュニケーション能力を持ち、他者と協調し、主体的に物事に取り組むことを求めます。