FireShot Capture 39 - 大学TOP | 東京福祉大学公式サイト - http___www.tokyo-fukushi.ac.jp_index_index.html

東京福祉大学

By first

独自の教育システムを採用

東京福祉大学は、建学の精神を掲げた福祉の専門大学です。
また、できなかった子をできる子にするのが教育であるという使命を持っており、その精神に従ってさまざまな教育、指導を展開しています。

独自の教育システムを採用しており、読み書きや対話などのコミュニケーションを通して個人の力を伸ばしていくという方法を採用しています。
福祉の仕事に就く上でもっとも重要となる思考力や課題の探究能力を身につけるための授業方法を展開し、福祉の現場で即戦力となれるような人材の育成に努めているのです。
>>独自の教育システムで学ぶなら【東京福祉大学・大学院】

日米のよいところを取ったシステム

東京福祉大学はアメリカなど海外の大学の良いところと日本の大学教育の良いところを取り入れた授業を行っていることが大きな特徴と言えるでしょう。
日本の大学教育と海外の大学教育の良いとこ取りをした授業によって、指導している内容を生徒がしっかりと理解できるような教育を展開しています。
対話を重視した教育もその一環で、授業にはグループディスカッションを積極的に取り入れています。

グループディスカッションによってさまざまな意見を生徒同士で交換し、時には意見をぶつけ合うことで視野を広げていくことが可能です。
一つのテーマに対して複数でディスカッションすることによって今までとは違った見かたができるようになりますし、柔軟な思考力を伸ばすことが可能となります。

グループディスカッションのコツは評価基準を抑え、きちんと進め方を理解することです。
詳しく知りたい方は、以下のサイトを参照してみてください。
>>グループディスカッション対策の極意を知るなら【賢者の就活】

実践重視のカリキュラム

実践重視のカリキュラムを採用し、豊富な実習を通して理論と実践的な技術を学んでいるのも大きな特徴と言えるでしょう。
福祉の現場では常に即戦力が求められていますし、いくら知識があっても実践で役立たなければ意味がありません。
そのようなことまで考え抜いたうえでの授業が展開されています。

ただ資格を取得するためではなく、目標を明確にすることで有意義な実習となるよう指導を徹底しています。
本実習では実際に学んだことを現場で活かせるかどうかを試します。

実際の現場で指導を受けることによりさらにクオリティの高い学習ができますし、さらに実践的な知識と技術を身につけることができるでしょう。
また、実際に現場で働いている方がどのようにして働いているかということを間近で観察できるというのも大きなメリットです。
こうした実践的な実習を積極的に行っているのも東京福祉大学の大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

授業で学んだ知識を実践で活かせるような教育システムは、将来福祉の世界で働こうと考えている方にとって心強い味方となるに違いありません。
今後福祉の世界で活躍したいと考えている方、興味のある方は東京福祉大学も検討してみてはいかがでしょうか。