東京医療福祉専門学校

By first

昭和25年設立

東京医療福祉専門学校は昭和25年に設立された歴史のある専門学校です。
人と社会に貢献できる人材の育成を教育理念として掲げており、地域医療の担い手を育成することに心血を注いでいます。
高度な知識と技術を確実に身につけられるメソッドとノウハウを確立していますから、将来は柔道整復やきゅう、ハリなどそれぞれの分野のプロとして活躍できるようになります。

試験対策から就職の支援までフルサポートしているのも東京医療福祉専門学校の特徴と言えるでしょう。
これまであん摩マッサージ指圧師やはり師、きゅう師、柔道整復師などそれぞれの国家資格において非常に高い合格率を誇っています。
就職支援もしっかり行っており、同窓会組織やこれまで培ってきたネットワーク、人脈によってさまざまな就職先を斡旋することができます。

就職率に至っては全学科において100パーセントを誇っていますから、そのサポート体制の充実度が理解できるのではないでしょうか。
試験対策はもちろん、就職までへの道筋をしっかり立ててもらえるのは大きなメリットと言えます。

65年以上に及ぶ歴史を持つ伝統校ですから、技術を伝えるノウハウやメソッドもしっかり確立しています。
これまで実に4000人以上の卒業生を輩出していますし、古くから脈々と続く伝統的な技術を正しく指導することができるのは同校の強みと言えるでしょう。

江戸時代後期に誕生したと言われる吉田流あん摩術を学べるのは日本で唯一東京医療福祉専門学校だけと言われています。
由緒正しき術式を現代に伝えており、その技術を余すことなく受け継ぐことができるのです。
長い歴史に裏付けられた実績と信頼は生徒にとっても大きな誇りとなるでしょう。

不況に強い専門技術を習得

不況と言われる現代において手に職をつけるというのは大きな武器となります。
はりやきゅう、あん摩、柔道整復師などはすべて国家資格ですし、一度身につけた技術は一生ものと言えるでしょう。
その技術がある限り職を失うということは考えにくいですし、将来的には自分で起業するということもできます。

東京医療福祉専門学校で得た知識や技術は生涯役立ちますし、文字通り一生ものです。
財産と言っても良いでしょう。
学んでいるときにはいろいろと大変な思いをしてしまうこともあるかもしれませんが、それが財産となって自分の中に蓄積していると考えれば苦にもならないでしょう。

歴史ある伝統校で古き良き技術を正しく学べるというのは大きなメリットがあります。
今後この業界で働いてみたいという方は資料請求も視野に入れてみてはどうでしょうか。