読売理工医療福祉専門学校

By first

教育の柱を育成

読売理工医療福祉専門学校は、教育の柱として基礎学力をはじめとした人間力・資格取得力・専門力・就職力・の5つを掲げています。
この教育の柱を中心とした指導を行っており、一人の生徒に即した丁寧な教育を実践しており、福祉業界で活躍することのできる優秀な人材を育み、これからの日本社会に貢献できる人材を送り出そうと考えています。

基礎学力を重視した教育を行っていることが特徴的です。
福祉のような専門性の高い分野においては基礎力が何より重要となります。
基礎を疎かにしたまま応用に進んでもそれ以上の成長は見込めませんし、かえって逆効果になってしまいます。

読売理工医療福祉専門学校では専門分野の学習がスムーズに進むためにも基礎学力を高めるための指導をしっかりと行っており、週に一度一般教養講座も開催しています。
また、希望する方にのみ基礎学力向上のための通信添削システムも導入しており、基礎学力をムリなく伸ばせるような仕組みを作り上げています。
さまざまなサポートによる基礎学力の向上を図り、それから専門分野の学習に転じます。

人間力向上にも注力

人間力の向上にも力を入れています。
特に福祉の世界で高齢者や障害を持つ方を支援していくとなると人間力は絶対的に必要となります。
いかに専門知識を豊富に有していたとしても、人間力が備わっていないと人を支えることなどできません。

挨拶ができる、約束を守れる、自分の考えを分かりやすく伝えることができる、素直になれるといった基本的なことができるようになれるような指導を行っています。
読売理工医療福祉専門学校ではグループワークも頻繁に行っていますし、グループワークを通じて人間力の向上にも務めています。
複数人でディスカッションしたり、意見を言い合うことでコミュニケーションスキルも高まります。

創立から約50年の歴史も自慢

創立46年以上の専門学校ですから豊富な実績があります。
また、読売グループがバックアップしているという後押しもありますから、就職率も非常に高いです。
多くの企業から安心感を得られていますし、求人も毎年たくさん届いています。
信頼と実績に裏付けられた就職率の高さは大きなメリットでしょう。

専門学校にまで通って知識や技術を身につけたというのに就職先が見つからないとあっては意味がありません。
読売理工医療福祉専門学校ならそのような心配をすることもなく、スムーズに就職先を見つけることもできるのではないでしょうか。
信頼と実績があるからこそのメリットです。

読売理工医療福祉専門学校なら福祉の世界で働くための基礎的なことはもちろん、実践的な知識や技術も身につけられるでしょう。
また、人間力やコミュニケーションスキルも伸ばすことができるのではないでしょうか。